スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEW HORIZON 1 Unit6 Part1 (ニューホライズン1) 日本人のための無料英語講義・授業

こんにちは!

NEW HORIZON 1 Unit6 Part1 (ニューホライズン1)、の講義を始めます。

Part1 人について紹介しよう

今回は「人について紹介しよう」というテーマで、
三人称の主語の文に関して学びます。

先ずは簡単に「人称」というものを説明しておきましょう。
「人称」には三種類あります

一人称:自分、自分たち
二人称:自分が話している相手
三人称:上記以外のもの全て


「人称」という名前から人間に対してのみ当てはまる分類だと
勘違いしてしまう人も多いのですが、
「人称」という考え方は、動物や物にも当てはまります

英語は主語の人称により、動詞の形が変わる

という性質を持っています。
そして、これはすでに学んだことです。

be動詞を例にとってみると・・・

一人称 I am a Japanese.
二人称 Are you an American?
三人称 He is my classmate.


am, are, isはいずれも「・・・である」という意味を表すbe動詞でが、
主語の人称によって形が変わるのです。

likeやplayのような一般動詞の場合には次のように変化します。

一人称 I like baseball.
二人称 You like football.
三人称 He likes tennis.


つまり一般動詞は一人称と二人称では同じ形ですが、
主語が三人称になると動詞の語尾に's'が付きます。

これは一般に「三人称単数形のS」と呼ばれます。
(縮めると「三単現のS」)

このパートではBeckyのお婆ちゃんについて、
Beckyが以下のように紹介しています。

She lives in America.
(彼女はアメリカに住んでいます。)

She works in San Francisco.
(彼女はサンフランシスコで働いています。)

She teaches university classes, too.
(彼女は大学のクラスで教えてもいます。)

She speaks many foreign languages.
(彼女はたくさんの外国語を話せます。)

さてこの「三単現のS」の付け方は要注意です。

①sをつけるだけ
play → plays
like → likes
want → wants
use → uses


②esを付ける *語尾がス、チ、シュ等の音
teach → teaches


③yを取っ手iesをつける *語尾が子音+yの場合
study → studies


また発音も要注意です。

① [s](ス) works, speaks, likes, walks *語尾が無声音
② [z](ズ) plays, lives, comes, studies *語尾が有声音(③の場合を除き)
③ [iz](イズ) teaches, uses *語尾がス、シュ、チ、ジ、ズ


三単現のSがついたときの発音は何度か声に出してみると、
すぐに感覚がつかめるはず
です。
共通しているのは・・・

そのように発音したほうが発音しやすい

という感覚です。

さて、学校の定期テストで良い点を取るだけなら、
問題集やドリルをやるだけでよいのですが、
話せるようになるためには別の「訓練」が必要です。

それは・・・

習った英語を実際に使うこと

です。
これをやらないと話せるようになりません
ですから、友達でもいいし、家族でもいいのですが、
相手に誰かを英語で紹介してみて下さい。

こちらは僕の友達の○○君です。
彼は東京に住んでいます。
彼は中学生です。
彼は○○中に通っています。
彼はサッカーが好きです。
彼はカラオケも好きです。
私は彼が大好きです。


これパッと英語にできますか?
このような練習を日ごろから繰り返していると
必ず英語が話せるようになります。

言葉は相手に向かって話すものですから、
紙に書かれた問題を一人で黙って解いていても
一向に英語は話せるようになりません。

習った表現は人を相手にして口に出してみる

これが英語を話せるようになるためにもっとも大切なことです。

今日はここまでにしましょう。

See you soon!

先ほどの英訳例
This is my friend ○○.
He lives in Tokyo.
He is a junior high sschool student.
He goes to ○○junior high school.
He likes soccer.
He likes karaoke, too.
I like him very much.
スポンサーサイト

NEW HORIZON 1 Unit5 Part3 (ニューホライズン1) 日本人のための無料英語講義・授業

こんにちは!

NEW HORIZON 1 Unit5 Part3 、の講義です。

Part3 提案・指示・申し出をしよう

今回は提案や指示の仕方を学びます。

では本文を見てみましょう。

A : Let's try Kingyo sukui.
 (金魚すくいをしようよ。)
B : What's that?
 (なにそれ?)
A : Goldfish scooping.
 (金魚をすくうことだよ。)

「~しようよ」と何かすることを提案するときは・・・

Let's+動詞の原形

で表します。

let'sはlet usの省略形です。
'us'は「私たち」という意味です。
従って、この表現は・・・

話者と提案を受けた人が一緒に何かをすることを提案している

ことになります。
さて先ほど「動詞の原形」と言いましたが、
これは動詞本来の形と考えておけばよいでしょう。
原形の形は2種類に分かれます。

be動詞の原形 → be
一般動詞の原形 → 現在形と同じ


簡単ですね。
ところで、本文では「金魚すくいをしようよ。」と
「提案」されていますが、それに対して返事をしていません。

ではLet's~と提案を受けたらどう返事をするのでしょうか?

提案を受けるとき → Yes, let's.
提案を断るとき → No, let's not.


もちろん上のよう答え方以外にも・・・

提案を受けるとき → All right. Let's do that. / I'd love to. / Great!
提案を断るとき → I'd love to. But I have no money.


教科書って難しいですよね。
例えば外国人向けの日本語のテキストにはこんな会話が載っているのではないでしょうか。

A:金魚すくいをしませんか。
B:はいそうしましょう。 / いえ、やめましょう。


でも実際にこんな風に日常話す人はいないでしょう。

A:金魚すくいしない?
B:いいねえ。やろやろ。 / えー違うのやろうよ。


まあこんな感じでしょうか。
もちろんこれも友達同士の会話なのか、
外国人の来賓をお祭りに紹介するときなのかによるのですが。

いっぺんにいろんなことを教えても初めは混乱しますが、
どのようなニュアンス(微妙な意味の違い)なのかは
どこかで伝えないといけないでしょう。

さて、このLe'tの文は種類的には「命令文」と呼ばれます。
命令文の意味は「~しなさい」というのが基本形です。
ですから先ほどのLet'sよりも強い口調ということになります。

Let's try Kingyo sukui.
(金魚すくいしようよ。)
Use this net.
(この網をつかって。)

useは「~を使う」という動詞の原形です。
このように命令文は・・・

動詞の原形で始める

文です。
Let'sの文と違うのは・・・

言われた人だけがその行為をする

という点です。

したがって、

Try Kingyos ukui.

と言えば

「金魚すくいやってみなよ。」

と相手だけに進める感じになります。

さて、今回はもう一つ非常に重要な表現が出てきます。
それはanyを使った表現です。

A : I don't have any nets.
 (僕は網を一つも持ってません。)
Do you have any?
 (あなたは(網を)いくつか持っていますか?)
B : Yes' I have two.
 (はい、2つ持ってます。)

anyの意味は日本語訳にはしにくいのですが・・・

いくつでもよいが、いくらかの~

という意味です。
例えば・・・

Do you have any nets?

という文の意味は、正解に言うと・・・

あなたはいくつでもいいのですが網を持っていますか?

という意味です。つまりanyは・・・

数にはこだわらないが
網を持っているかいないか知りたい


というときに使います。

いくつでもよいわけですが、
anyの後の名詞が複数形になっている点に注意しましょう。

では今日はここまでにしましょう。

See you!


NEW HORIZON 1 Unit5 Part2 (ニューホライズン1) 日本人のための無料英語講義・授業

こんにちは!

NEW HORIZON 1 Unit5 Part2 (ニューホライズン1)、の講義を始めます。

Part2 数をたずねよう

ここではあるものの「数をたずねる」表現を学びます。
それでは早速本文を見てみましょう。

A : I like world music.
  (私は世界の音楽が好きなんです。)
  So I have CDs from a lot of countries.
  (それで、私はたくさんの国のCDを持っています。)
B : How many CDs do you have?
  (CDを何枚持っていますか?)
A : Well, about eighty.
  (えー、だいたい80枚くらいかな。)
B : Wow!
  (すごい!)

とまあ、こんな感じで会話が続きます。

Aが "I have CDs from a lot of countries."
と言ったのを受けて、
Bが具体的な枚数を聞きます。

How many CDs do you have?

howは疑問詞

「どれくらい」(程度)や
「どのように」(方法・様態)


を表します。
manyは「たくさんの」という形容詞です。
ですから2つがまとまると・・・

How many~・・・?
(どれくらいたくさんの~を・・・?)

という意味になります。
ですから「何枚のCDを持っていますか?」
と聞きたいときは

How many CDs・・・?

という出だしになります。

相手に質問する文なので、
当然、疑問文になります。
ですから、次は・・・

do you have?

と続きます。

How many CDs do you have?

で完成です。
さて、文で注意すべきポイントは・・・

how manyの後には「複数形の名詞」が来る!

という点です。

とにかくテストでは必ずこの点が問われますから、
中学生の皆さんは要注意です。
中間テストや期末テストで絶対に出ますよ。

さて、答えの文は教科書のように数だけを答えてもよいのですが、
丁寧に答えるとこんな感じです。

I have about eighty CDs.

さてテストではよくこんな設問を見かけます。

I have a lot of CDs.
問:下線部を問う英文を作りなさい。


はじめてこのような問題を見ると、
いったい何を答えてよいかわからないですよね。

この問題をわかりやすく言い換えると・・・

この英文の下線部を疑問詞に変えて疑問文を作りなさい

ということです。
a lot ofは「たくさんの」という意味ですから、
疑問詞を使って言い換えれば、

「どれくらい多くの」= how many

となります。
少し練習してみましょうか。

問 以下の英文の下線部を問う疑問文を作りなさい。
(1)This is a bird.

(2)The weather is cloudy.

(3)I have toast and milk for breakfast.

(4)I have four cups.



さあ、できましたか?
それでは解答を見てみましょう。

(1)「鳥」に下線が引かれていますから「何を」という意味の疑問文を作ります。
   よって、正解は・・・
   What is this?

(2)「曇り」に下線が引かれていますから「どんな」という意味を表す疑問詞を考えます。
   How is the weather?

(3)「トーストと牛乳」に下線が引かれています。再び「何を」を表す疑問詞を使います。
   疑問文に気を取られて、for breakfastを忘れないようにしましょう。
   What do you have for lbreakfast?

(4)「4つのカップ」に下線が引かれています。
   cupにsを付けるのを忘れずに・・・
How many cups do you have?

いかがでしたか?

では今回はここまでにしましょう。

See you!

NEW HORIZON 1 Unit5 Part1 (ニューホライズン1) 日本人のための無料英語講義・授業

こんにちは!

NEW HORIZON 1 Unit5 (ニューホライズン1)、の講義です。

Part1 注文をしよう

このパートでは「注文の仕方」を学ぶわけですが、
その過程で文法的にとても重要なことも学びます。
それは・・・

名詞の複数形」です。

日本語ではあるものが1つでも2つ以上でも
形が変わらないことが多いのですが、
英語ではほとんどの場合に形が変わります。

具体的に見てみましょう。

1つのコップ → 2つのコップ

a cup → two cups

このように複数のものを表す際は、

名詞にsあるいはesをつけて複数形にします。

a desk(机) → two desks
a ball(ボール) → three balls
a box(箱) → four boxes


日本語でも複数になると語尾が変わる名詞がありますよね。
例が思い浮かびますが?

1つのリンゴ → 2つのリンゴ
1人のアメリカ人 → たくさんのアメリカ人


このように人間や生き物については
「~達」を語尾に加えることで
複数であることを示します。

さてこのパートではもう一つ、
名詞に関して重要なことを学びます。
それは・・・
名詞には・・・

数えられる名詞(=可算名詞)
数えられない名詞(=不可算名詞)


があるということです。
例えば本文にも出てくる

juiceは不可算名詞です。
基本的に液体は数えられません

これは日本語でもそうですね。
「1個の水」とは言いませんよね。

英語では液体だけではなく・・・

砂糖(sugar)・塩(sault)・米(rice)・髪の毛(hair)など「細かくて大量にあるもの」
紙(paper)・パン(bread)など「すぐに細かくできるもの」
幸福(happiness)・仕事(work)・音楽(music)など「形がないもの」

なども不可算名詞となります。

さて、不可算名詞を数える場合もあります。
その場合は・・・

容器単位で数える

ことになります。
例えば・・・

紙コップ1杯のジュースは・・・

a cup of juice

となります。
2杯なら・・・

two cups of juice

となります。
大切なのは・・・

不可算名詞にはa/anもsもつけられない

ということです。

× a juice
× two juices


とすることは絶対にないので注意しましょう。

さてこのパートで出てくる重要表現を確認しておきましょう。

That's five hundred and fifty yen, please.
((それは)550円になります。)

料金を表す言い方ですね。
That'sはThat isの短縮形です。
It's(=It is)でもよいでしょう。

さてyen(円)も数えられないのを覚えておきましょう。
では通貨はみな不可算名詞かというと
そういうわけではありません。
ドル(dollar)は数えるのです。

That's two dallars.
(2ドルになります。)

Here you are.
(どうぞ。)

これは相手にものを渡す時の表現です。

Here's your change.
(お釣りです。)

changeは「変化」という意味が有名ですが、
ここでは「お釣り」という意味です。

Excuse me.
(すみません。)

I'm sorry.
(ごめんなさい。)

That's all right.
(大丈夫です。)

Excuse me.とI'm sorry.は紛らわしいのですが、

Excuse me. → あいてに声をかけるとき。「すみません」「ちょっといいですか」
I'm sorry. → 相手に謝る時。「(・・・して)ごめんなさい。」


Unitが進んでだいぶ学習事項が増えましたね。

今回はここまでにしましょう。
しっかりとCDを聞いて、音読も行いましょう。

See you!

NEW HORIZON 1 Unit4 (ニューホライズン1) 日本人のための無料英語講義・授業

こんにちは!

今回はNEW HORIZON 1 Unit4 (ニューホライズン1)の講義です。

Part1 それが何かをたずねよう

ここでは、「あるものが何か?」を聞く表現です。

A : What't this?
 (これはなにかな?)
B : It's a bird.
 (それは鳥です。)
A : That's right.
 (その通り。)

whatは「何」という意味です。
"What's"は"What is"の省略形です。

あるものが何か聞く場合はこのwhatを文頭に置き、
疑問文になるので・・・

What+be動詞+主語?

という語順になります。
答える際は主語はItにして答えます。

あるものが何かを聞く場合に・・・

①ある程度何か見当がついている場合 → Is this a bird?
②何であるか見当がつかない場合 → What's this?


となります。
whatを使った疑問文の場合は、
「~はなんですか?」という意味なので・・・

Yes / Noでは答えない

ことになります。

Part2 好きな教科をたずねよう

上のタイトルとは関係ないのですが、
いきなりhowを使った文が出てきます。

howは「どのように」「どのような」という意味です。
例文を見てみましょう。

How's the weather?
(天気はどうですか?)
It's cloudy. But OK.
(曇ってます。でも大丈夫です。)

さて、「天気が良い。」と言う場合は・・・

The weather is good.

などと言います。

天気が分からなければ、
この文のgoodの部分をhowに変えて疑問文にします。

How is the weather?

ちなみに、whatやhowは「疑問詞」と呼ばれ・・・

常に疑問文の先頭に置かれます。

さて、教科書には天気を表す表現として、

cloudy=曇り
sunny=晴れ


が出てきますが、もう少々補っておきましょう。

rainy=雨(が降っている)
snowy=雪(が降っている)
windy=風が強い


さて次の会話を見てみましょう。

A : What's your favorite subject?
 (あなたの好きな科目はなんですか?)
B : Math. it's interesting.
 (数学です。数学は面白いです。)

favorite=【形容詞】好きな
interesting=【形容詞】面白い


さて、ここでは「形容詞」が出てきます。
形容詞は名詞を説明する言葉で、

①名詞の前に置かれ、その名詞を説明したり
②Be動詞の直後に置かれ、主語を説明したりします。


次の会話を見てみましょう。

I like Japanese.
(私は日本語が好きです。)
It's not easy.
(それは簡単ではありません。)
But I study hard.
(でも私は一生懸命勉強しています。)
Do you write Japanese?
(あなたは日本語を書けますか?)
Yes, I do.
(はい。)

easy=【形容詞】簡単な
hard=【副詞】一生懸命に

さて、hardは「副詞」です。
副詞は形容詞とは違って・・・

動詞や形容詞などを説明します。
上の文ではstudyという動詞を説明しています。

I study.
(私は勉強しています。)
I study hard.
(私は一生懸命勉強しています。)

Part3 朝食は何かたずねよう

A : What do you usually have for breakfast?
 (あなたはいつも朝食に何を食べるの?)
B : I have toast and milk.
 (私はトーストと牛乳を食べます。)
How about you?
 (あなたはどう?)
A : I have rice and miso soup.
 (私はご飯とみそ汁を食べます。)

usually=【副詞】いつも
for=【前置詞】~のために
for breakfast=朝食に
How about~?=~はどう?

さてここではいわゆる「熟語」(=連語)と呼ばれる表現が出てきます。
これらはいくつかの単語が結びついて独特な意味を持ったものです。
ここでは上のfor breakfastやHow about?がそれにあたります。

今後このような熟語がたくさん出てきますし、
学校の定期試験や入試でも必ず出題されます。
しっかりと覚えましょう!

英文の量も増えて、内容もだいぶ難しくなってきました。

CDで何回も会話を聞いて、
自分でも何度も発音してみて

しっかりと復習しましょう。

では今回はここまでです。

See you!





プロフィール

ttkygo

Author:ttkygo
【2015年4月念願かなって自塾を南池袋(東京)に開校致します!がんばります!】
大学に入って以来家庭教師、塾講師、予備校講師などをしながら、かれこれ、20年以上子供たちに英語を教えています。
偏差値25~80以上まで、様々な子供を教えた
経験を活かしたコンテンツを掲載していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
1239位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
247位
アクセスランキングを見る>>
現在までの訪問者数
日本ブログ村
ランキングに参加しています。ご協力下さい。
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。