FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やり直し英文法No.34 不定詞(2) 日本人のための無料英語講義・授業

こんにちは!

やり直し英文法No.34 不定詞(2)、の講義を始めます。
今回は不定詞(2)ということで、不定詞の副詞用法について掘り下げてみます。

前回の講義で扱いましたが、不定詞には三つの役割があります。

①名詞用法
②形容詞用法
③副詞用法

の三つですね。
このうち名詞用法と形容詞用法は意味的には一種類と言ってよいでしょう。
つまり・・・

名詞用法=~すること
形容詞用法=~するための


という直訳で「ほぼ」OKなんです。
例えば前回の問題を例に取ると・・・
(番号は前回の問題のものです)

名詞用法
1. My dream is to become a doctor.
 私の夢は医者になることです。

2. I want to see my friends in high school.
 私は高校時代の友人に会うことがしたい。

4. To have a driver's license is very useful.
 運転免許を持っていることはとても便利です。

形容詞用法
3. I have a lot of work to do tonight.
 私には今夜するための仕事があります。

5. I'm looking for someone to speak good English.
 私は英語を上手に話すための人を探しています。
 *若干違和感がありますかね?

9. I have no time to talk with you now.
 私には今あなたと話すための時間がありません。

10. He has no one to believe.
 私には信じるための人がいません。
 *これもやや違和感がありますね。

ということで、名詞用法と形容詞用法の訳(や意味)は
シンプルなのですが、副詞用法は違います。
早速見てみましょう!

副詞用法
6. He is wroking hard to buy his own house.
 彼は自分の家を買うために一生懸命働いています。

 これは意味的には「目的」を表していて、
 「~するために」と訳せます。

7. I'm very happy to see you again.
 再びあなたに会えてとてもうれしいです。

 これは「感情の原因」と呼ばれます。
 「~して」と訳せます。

8. His storiy is hard to believe.
 彼の話は信じ難い。

 これは「形容詞修飾」です。
 特に決まった名称はないようです。
 注意点としては不定詞で修飾できる形容詞は・・・

 「難易を表す形容詞」に限られる

 という点です。
 また、文構造としては・・・

 文の主語が不定詞の目的語になっていなければならない

 という点も要注意です。
 従って次のような英文は間違っているということになります。

 *A child is easy to catch cold.
 (子供は風邪をひきやすい)

11. He is very stupid to make the same mistake twice.
 同じ間違いを二度犯すとは彼は愚かだ。

 これは「判断の根拠」と呼ばれる用法です。
 「感情の原因」と紛らわしいのですが、
 'stupid'が「感情」を表している訳ではないので区別ができますね。

12. I went to his house, only to find him out.
 私は彼の家に行ったが、彼はいなかった。

 これは「結果」と呼ばれます。
 「私」が彼の家に行ったのは「彼がいないのを確かめるために」
 ではないのです。
 「目的」用法と区別するために「,」(=カンマ)を入れ、onlyをつけています。
 その他以下のような例文が典型的です。

e.g. He grew up to be a teacher.
 彼は大人になると教師になった。

e.g. My son went abroad when he was twenty, never to come back home.
 息子は二十歳で外国に行って、二度と帰国しなかった。

だいぶ頭の中が混乱してきましたか?
今日はここまでにしておきましょう。

次回は不定詞を含む慣用表現を学びましょう。

では!
スポンサーサイト

やり直し英文法No.33 不定詞(1) 日本人のための無料英語講義・授業

こんにちは!

だいぶ久しぶりの更新になってしまいましたが、
やり直し英文法No.33 不定詞(1)、を始めます。

今回は不定詞です。
不定詞は結構複雑ですから、一つ一つしっかりと理解していきましょう!

そもそも不定詞とは何かということから話していきましょう。
まず不定詞の定義です。

不定詞とは・・・

to+動詞の原形で表された句のことで、
動詞ではなく、①名詞、②形容詞、③副詞、の三つの内、
何れかの働きをしている


ものです。

日本語では動詞の語尾を変えることで、
動詞から他の役割に変化させますが、
英語の場合は動詞の前にtoを置くことで役割を変えます。

日本語:食べる(動詞) → 食べること(名詞)
英語:eat(動詞) → to eat(名詞)


ところで日本語と英語の違う点は、
日本語は役割が変われば、語尾も変わるのですが、
英語の不定詞は何用法でも「to+動詞の原形」という形は変わらないのです。
この点は日本語より英語の方が複雑でしょう。

名詞 → 食べること:to eat
形容詞 → 食べるための:to eat
副詞 → 食べるために:to e
at

では不定詞の役割の違いは何によって決まるのでしょうか?
不定詞自体に変化はないわけですから当然・・・

不定詞の役割の違いは周囲の文の構造によって決まる

ということになります。
ここで大切なことは・・・

名詞、形容詞、副詞の各用法の違いは、
文脈(=後の文との意味にのつながり)ではなく、
文の構造によって決まる


ということです。
具体的に見てみましょう。

1. To learn English is not so easy for me.(名詞用法)
 (英語を学ぶことは私には難しい)

2. Please give me somethig to eat.(形容詞用法)
 (何か食べ物(=食べためのもの)を下さい)

3. I went to the station to see my friend.(副詞用法)
 (私は友人に会いに駅まで行きました)

ある不定詞が何用法かを考える際は先ずは・・・

STEP1
その不定詞が英文中でS(=主語)・O(=目的語)・C(=補語)の
何れかになっていないかをチェックします。


S・O・Cのいずれかになっていれば名詞用法です。

STEP2
不定詞がS・O・Cのいずれにもなっていなければ、
次は形容詞用法の可能性を探ります。
これは少々厄介ですがしっかりと理解して下さい。

ある不定詞が形容詞用法であるためには、
以下の3つの要件の内のいずれかを満たさねばなりません。

①不定詞の直前の名詞が意味的に不定詞のSになっている
 someone to help you ← someone helps you (不定詞のS)
 (あなたを助けてくれる人)
②不定詞の直前の名詞が意味的に不定詞のOになっている
 something to eat ← eat something (不定詞のO)
 (食べるための何か)
③不定詞が直前の名詞の内容を説明する
 money to buy some drink (不定詞と同格)
 (飲み物を買うお金)
*③の例文でmoneyがto buyのSにもOにもなっていないことに注意!

上記①~③のいずれかの関係が成立していれば、
その不定詞は形容詞用法です。

STEP3
上記の手順を踏んで、名詞用法でも形容詞用法でも無ければ、
その不定詞は副詞用法です


少し練習してみましょうか。
問:以下の英文中の不定詞が名詞・形容詞・副詞のいずれの用法か答えなさい。
1. My dream is to become a doctor.
2. I want to see my friends in high school.
3. I have a lot of work to do tonight.
4. To have a driver's license is very useful.
5. I'm looking for someone to speak good English.
6. He is wroking hard to buy his own house.
7. I'm very happy to see you again.
8. His storiy is hard to believe.
9. I have no time to talk with you now.
10. He has no one to believe.








解答
1. 名詞用法:to becomeがCになっています。
 私の夢は医者になることです。
2. 名詞用法:to seeがwantの目的語になっています。
 高校時代の友達に会いたい。
3. 形容詞用法:workがto doの目的語になっています。
 今夜はやらなきゃいけない仕事がたくさんあります。
4. 名詞用法:to have a driver's licenseが主語になっています。
  運転免許を持っていると便利です。
5. 形容詞用法:someoneがto speakの主語になっています。
  英語が上手な人を探しているんです。
6. 副詞用法:名詞用法でも形容詞用法でもありません。
  彼は自分の家を買うために一生懸命働いています。
7. 副詞用法:名詞用法でも形容詞用法でもありません。
  またあなたに会えてとてもうれしいです。
8.副詞用法: 名詞用法でも形容詞用法でもありません。
 彼の話は信じがたい。
9. 形容詞用法:to talk以下がtimeを説明しています。
 今はキミと話している時間はありません。
10. 形容詞用法:no oneがbelieveの目的語になっています。
 彼には信ずべき人がいません。

さて、みなさんの正答率はいががでしたか?
次回は副詞用法について掘り下げて考えてみます。

では!
プロフィール

ttkygo

Author:ttkygo
【2015年4月念願かなって自塾を南池袋(東京)に開校致します!がんばります!】
大学に入って以来家庭教師、塾講師、予備校講師などをしながら、かれこれ、20年以上子供たちに英語を教えています。
偏差値25~80以上まで、様々な子供を教えた
経験を活かしたコンテンツを掲載していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
3697位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
659位
アクセスランキングを見る>>
現在までの訪問者数
日本ブログ村
ランキングに参加しています。ご協力下さい。
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。