FC2ブログ

NEW HORIZON 1 Unit5 Part3 (ニューホライズン1) 日本人のための無料英語講義・授業

こんにちは!

NEW HORIZON 1 Unit5 Part3 、の講義です。

Part3 提案・指示・申し出をしよう

今回は提案や指示の仕方を学びます。

では本文を見てみましょう。

A : Let's try Kingyo sukui.
 (金魚すくいをしようよ。)
B : What's that?
 (なにそれ?)
A : Goldfish scooping.
 (金魚をすくうことだよ。)

「~しようよ」と何かすることを提案するときは・・・

Let's+動詞の原形

で表します。

let'sはlet usの省略形です。
'us'は「私たち」という意味です。
従って、この表現は・・・

話者と提案を受けた人が一緒に何かをすることを提案している

ことになります。
さて先ほど「動詞の原形」と言いましたが、
これは動詞本来の形と考えておけばよいでしょう。
原形の形は2種類に分かれます。

be動詞の原形 → be
一般動詞の原形 → 現在形と同じ


簡単ですね。
ところで、本文では「金魚すくいをしようよ。」と
「提案」されていますが、それに対して返事をしていません。

ではLet's~と提案を受けたらどう返事をするのでしょうか?

提案を受けるとき → Yes, let's.
提案を断るとき → No, let's not.


もちろん上のよう答え方以外にも・・・

提案を受けるとき → All right. Let's do that. / I'd love to. / Great!
提案を断るとき → I'd love to. But I have no money.


教科書って難しいですよね。
例えば外国人向けの日本語のテキストにはこんな会話が載っているのではないでしょうか。

A:金魚すくいをしませんか。
B:はいそうしましょう。 / いえ、やめましょう。


でも実際にこんな風に日常話す人はいないでしょう。

A:金魚すくいしない?
B:いいねえ。やろやろ。 / えー違うのやろうよ。


まあこんな感じでしょうか。
もちろんこれも友達同士の会話なのか、
外国人の来賓をお祭りに紹介するときなのかによるのですが。

いっぺんにいろんなことを教えても初めは混乱しますが、
どのようなニュアンス(微妙な意味の違い)なのかは
どこかで伝えないといけないでしょう。

さて、このLe'tの文は種類的には「命令文」と呼ばれます。
命令文の意味は「~しなさい」というのが基本形です。
ですから先ほどのLet'sよりも強い口調ということになります。

Let's try Kingyo sukui.
(金魚すくいしようよ。)
Use this net.
(この網をつかって。)

useは「~を使う」という動詞の原形です。
このように命令文は・・・

動詞の原形で始める

文です。
Let'sの文と違うのは・・・

言われた人だけがその行為をする

という点です。

したがって、

Try Kingyos ukui.

と言えば

「金魚すくいやってみなよ。」

と相手だけに進める感じになります。

さて、今回はもう一つ非常に重要な表現が出てきます。
それはanyを使った表現です。

A : I don't have any nets.
 (僕は網を一つも持ってません。)
Do you have any?
 (あなたは(網を)いくつか持っていますか?)
B : Yes' I have two.
 (はい、2つ持ってます。)

anyの意味は日本語訳にはしにくいのですが・・・

いくつでもよいが、いくらかの~

という意味です。
例えば・・・

Do you have any nets?

という文の意味は、正解に言うと・・・

あなたはいくつでもいいのですが網を持っていますか?

という意味です。つまりanyは・・・

数にはこだわらないが
網を持っているかいないか知りたい


というときに使います。

いくつでもよいわけですが、
anyの後の名詞が複数形になっている点に注意しましょう。

では今日はここまでにしましょう。

See you!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ttkygo

Author:ttkygo
【2015年4月念願かなって自塾を南池袋(東京)に開校致します!がんばります!】
大学に入って以来家庭教師、塾講師、予備校講師などをしながら、かれこれ、20年以上子供たちに英語を教えています。
偏差値25~80以上まで、様々な子供を教えた
経験を活かしたコンテンツを掲載していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
4820位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
880位
アクセスランキングを見る>>
現在までの訪問者数
日本ブログ村
ランキングに参加しています。ご協力下さい。
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR