FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やり直し英文法No.28 助動詞(9)入試問題演習 日本人のための無料英語講義・授業

こんにちは!

やり直し英文法No.28 助動詞(9)入試問題演習、です。

今回は助動詞のまとめとして、高校入試、大学入試の問題を素材として、
助動詞の復習をしてみましょう。
では早速始めます。

先ずは高校入試です。

(1) May I use this dictionary?
No, you ( ) not.
  ①need ②must ③have ④will (滋賀女子高改)


  May I ...?は「・・・してもいいですか?」と
  許可を求める表現です。
  したがって・・・
  「いえだめです」とか
  「はいよいです」
  などという意味になるようにします。

  各選択肢を入れた時の意味は・・・
  ①いいえ、その必要はありません。
  ②いいえ、使ってはいけません。
  ③"have not"とすると「現在完了形」になってしまいます。
    「いいえ、あなたはまだしていません
    (もちろん、前文の内容によって意味は様々ですが)
  ④いいえ、あなたはしないでしょう。
  
  ということで会話が成立するのは②だけです。
  もちろん

No, you may not.
  でもOKですが、選択肢にはありません。
  つまり出題者は・・・

  must not=~してはいけない(=禁止)

  ということを知っているか確かめたかったようです。
  このように、入試問題を解く際は・・・

  「出題者の意図」を推測する

  ことも大切です。
  では次の問題に進みましょう。

(2) I'm shure that the news is not true. The news ( ) true.
  ①can't be ②may be ③must be ④should be (成城学園高)


  助動詞の運用ルールは簡単ですから、
  必然的に意味判断、文脈判断となります。
  
  ということは本問ように、ヒントは前後の文にあるということになります。
  さて、(  )を含む文の前文で・・・

  「そのニュースはきっと本当じゃないよ。

  と言っている訳ですから、次の文は当然、

  「そのニュースが事実のはずがない。

  というような意味になるはずです。
  選択肢の中でそもそも否定文は①だけなので、
  ①が正解ということになります。

  ちなみにこの"can't"は・・・・

  「~のはずがない」という
  「可能性」(の無さ)を表す大事な表現でしたね。

(3) It wasn't necessary for you to help Ken with homework.
= You ( ) ( ) to help Ken with homework. (穎明館高)

  *適語補充問題

  さて最初の文で "It wasn't necessary" (それは必要でなかった)
  と言っていますから・・・




  didn't haveを入れればよいことになります。

  don't have to do~ = ~する必要はない
  (=need not do~)

  "have to do~"は「~しなければならない」

  という意味でした。
  ちなみに、mustも

  「~しなければならない」

  という意味ですが、前述のとおり、否定されると・・・
  
  「~してはいけない

  という「禁止」の意味になるので、
  本問の(  )内に入れることはできません。

さて次は大学入試も見てみましょう。

(4) He ( ) be a good walker to have walked such a long disitance.
  ①can't ②must ③need ④won't (明治学院大)


  大学入試問題ということでやや難しい表現も出てきます。
  今回の問題の正解のカギは・・・

  "to have walked such a long disitance"
  (そんなに長い距離を歩いたとは)

   to have walkedは「完了不定詞」と呼ばれる形で、

   いわば「不定詞の過去形」です。
   これから歩くのではなく「すでに歩いた
   ことを表しています。

   という訳でこの部分から論理的に導き出される
   「判断」は・・・

   「彼は健脚に違いない
   
   ということになります。
   この「論理的に」というのはとても大切で、
   文脈や意味を判断する際には・・・

   論理的、言い換えれば、極めて当然の展開
   になるようにするわけです。

   したがって、ここでは否定文になる①③は不可。

   また、needは助動詞としては通常・・・
   「否定文」や「疑問文」で使われるので
   ここでは不可です。

   さて、今「助動詞としては」と言いましたが、
   needには助動詞としての用法と動詞としての用法とがあります

   意味はどちらの場合も「~が必要だ」となりますが、
   助動詞と動詞とでは否定文や疑問文の形が異なります

   助動詞 否定 You need not do~
        疑問 Need I do~?

   動詞  否定 You don't need to do~
        疑問 Do I need to do~?

(5) It was only an informal party - you ( ).
  ① didn't have to dress
  ② don't have to dress
  ③ mustn't dress
  ④ wouldn't have dressed



  例によって前文の解釈が正解のカギとなります。
  「それはただの普通のパーティーだったんだ

  ①キミは正装する必要はなかったんだよ。
  ②キミは正装する必要はないよ。
  ③キミは正装してはいけない。
  ④キミは正装しなかっただろう。


  なんだかどれでもよさそうですが・・・
  これは「過去」の話題ですから、
  ②と③は不可ですね。
  ①は特に問題なさそうです。
  では④はどのような意味でしょうか?

  これは少々難しいですね。
  一般に助動詞の過去形+完了形は・・・

  仮定法過去完了形

  ということになります。意味は・・・

  「(もし~だったら)、~していただろう
 
  と、「過去の事実に反する想定に基づく推量
  を表します。
  さて、本文で考えてみると・・・

  「それはただの普通のパーティーだったんだ。
   キミは正装しなかっただろう。」

  これ決定的におかしなことはないんですが・・・
  話者がそのパーティーに参加していたとすると、
  「キミ」がどんな格好をしていたか知っていたはずなので、
  この発言をする必要がない、ことになります。

  一方で、
  話者がパーティーに参加していなかったとしたら・・・
  やっぱり、当たり前のこと過ぎて、
  この発言の必要性がありません。


  入試問題は「もっとも適切なもの」を
  選ぶことになりますから、
  必ずしも「間違い選択肢が文法的に間違っている
  というわけでもないのです。

今回はこのくらいにしましょう。

では!
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ttkygo

Author:ttkygo
【2015年4月念願かなって自塾を南池袋(東京)に開校致します!がんばります!】
大学に入って以来家庭教師、塾講師、予備校講師などをしながら、かれこれ、20年以上子供たちに英語を教えています。
偏差値25~80以上まで、様々な子供を教えた
経験を活かしたコンテンツを掲載していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
4282位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
743位
アクセスランキングを見る>>
現在までの訪問者数
日本ブログ村
ランキングに参加しています。ご協力下さい。
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。