FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英会話教材の広告

こんにちは!

今回は、英会話教材の広告に関して思うところを述べさせて頂きます。
ネット上には本当に多数の英会話教材の広告が溢れています。

しかしこれらの広告を見るとき、いつもある種の「胡散臭さ」を感じてしまいます
もちろん、これらの教材や教授法にはまっとうなものもあるのでしょう。
が、何となく違和感を感じてしまうので、
一体その原因はなんだろう?
というのが今回のお題です。
で、いきなり結論なのですが・・・

一見無料の情報のような入り方で、
購読者にとって有意義な情報と思えるものを、
延々と長文で書き連ね、
スクロールを重ねていくと
最後の最後に・・・
お金を請求する


という手順に私は胡散臭さを感じているようです。
ちなみにこの手法は英会話だけでなく、
ダイエット、うつ病治療、幸運グッズなどのジャンルでもよく見受けられます。

ということは、この手法はネットで物品を売るための
普遍的な手法なのでしょうか

でこの手の広告で特徴的なのが以下のような点です。

1.他の方法を否定する
 ・聞き流すだけで英語がしゃべれるようになるなんてウソ!
 ・ネイティブに習えばしゃべれるようになるなったことはない!
 ・学校英語では英会話はできないetc.
2.短期間で効果が出るとうたう
 ・3か月でネイティブと普通に喋れる
 ・1日で効果がでる
 ・60日間で上達etc.
 *日本人が好きな3・6・9が並んでますね!
3.簡単な手法で効果が出るとうたう
 ・たった1日15分でOK
 ・聞き流すだけでOK
 ・たったの○○個のパターンを暗記すればOK!etc.
4.今だけの割引価格をうたう
 ・限定○○名の方に・・・
 ・先着○○名の方に・・・
 ・○月○日までの期間限定価格!etc.
5.科学的論拠があることを提示する
 ・○○大学教授も推薦する○○法
 ・脳科学に基づいた・・・etc.

ざっと、こんな感じでしょうか。
あまりにも共通点が多いので、
この手の広告を作るマニュアルがあるのではないかとさえ
感じられます。(多分あるのでしょう)

ある英会話の広告にこんなことが書いてあり、
なるほどとうなずいてしまいました!

日本で英語がペラペラのひとは100万人(=100人に1人程度)
なのに100万部以上売れている本や教材がたくさんあるそうです。
ということは、それだけその方法で失敗している人が多い
証明といえるのではないでしょうか

(記憶から再生した要旨です)

ということで、今回はあまり実のない話で済みませんでした。
最後までお付き合い頂きありがとうございました。

See you!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ttkygo

Author:ttkygo
【2015年4月念願かなって自塾を南池袋(東京)に開校致します!がんばります!】
大学に入って以来家庭教師、塾講師、予備校講師などをしながら、かれこれ、20年以上子供たちに英語を教えています。
偏差値25~80以上まで、様々な子供を教えた
経験を活かしたコンテンツを掲載していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
4314位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
785位
アクセスランキングを見る>>
現在までの訪問者数
日本ブログ村
ランキングに参加しています。ご協力下さい。
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。