FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

只管音読と國広正雄先生

今回は音読に関する話です。

音読と言えば、最近は森沢洋介先生の「瞬間英作文」が有名です。
このシリーズは、ご存知の方も多いと思いますが、会話の本です。

会話の能力を鍛えるための練習方法として、

音読を繰り返し、そしてそれによって「会話」、
つまり「瞬間英作文」を可能とすることができる


というのが大まかに言えば先生の主張です。

さて、この音読という手法は、
森沢先生以外にも多くの方が推奨されていますが、
手法として確立し、実際の指導の場において
実践している方は少ない
ように思います。

そんな中で、森沢先生が参考にし、
ご自身の教室でもテキストとして長年使っているのが
市橋敬三先生の著作です。
代表的なものに・・・

「中学英語で24時間話せる」(南雲堂)

があります。

そして、さらにさかのぼれば、
昨年末にご逝去された、「同時通訳の神様」の異名で有名な、
國広正雄先生が音読派の大家です。


國広先生は曹洞宗の始祖道元が説いた

「只管打座」(ただひたすら座禅せよ)

という教えを文字って、

「只管音読」(ただひたすら音読せよ)
と説いておられるので有名です。
(と言っても、実は私が知ったのは最近ですが、笑)

簡単にまとめると・・・

中学校の教科書を何度も何度も音読し、
何も見なくてもすらすらと英文が出て来るようになれば、
英語の力が飛躍的に向上する


という考え方です。
その著書「國広流英語の話し方」(たちばな出版)において、
強烈なことをおっしゃっています。

「『単純なことを愚直に繰り返す』という、
その意義を心でちゃんと受け止めことができるか否かが、
只管音読の成否を握っているのです。
それがここ三十年間、色々な人を観察してきた私の結論です。」

出典:「國広流英語の話し方」(たちばな出版)P35

結局、『単純なことを愚直に繰り返す』ことができない、
あるいは避けているから、

「㏠たったの10分間で・・・」
「聞き流すだけで・・・」
「3ヶ月でペラペラに・・・」
「これなら続けられる・・・」

といった文言にやすやすと魅了され、
結局、「出費の割には効果は少ない」という
英語・英会話産業にお金をたくさん落としてくれる
まさに「お客さん
になってしまうのでしょう。

第二外国語の習得というものは、
ピアノやバレエと同じで、
単調な基礎訓練を疎かにしては
成しえないものだと思います。

もっと楽に、もっと簡単に英語をマスターできる方法はないかと、
常に模索している人は、私の眼には、
何歳になっても「自分探し」を続けてる人
に似ているように思えます。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ttkygo

Author:ttkygo
【2015年4月念願かなって自塾を南池袋(東京)に開校致します!がんばります!】
大学に入って以来家庭教師、塾講師、予備校講師などをしながら、かれこれ、20年以上子供たちに英語を教えています。
偏差値25~80以上まで、様々な子供を教えた
経験を活かしたコンテンツを掲載していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
3697位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
659位
アクセスランキングを見る>>
現在までの訪問者数
日本ブログ村
ランキングに参加しています。ご協力下さい。
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。