FC2ブログ

中学校の英語の教科書の活用法

こんちは!

今回は「中学校の英語の教科書の活用法」というテーマでお話させて頂きます。

中学英語が大切だ!

という話は色々な場面でさせて頂いていますが、
本当にその通りだなぁと考えています。

というのも中学英語の中には、
日常生活で必要となる文のパターンや
そのような文を作る際のルールがほぼカバーされている
からです。

ちなみに高校にならないと出てこない事項というのは・・・

・過去完了形、未来完了形、完了進行形
・関係副詞
・分詞構文
・完了不定詞、完了動名詞
・仮定法

といったものが挙げられます。
これらの事項を見て、結構難しいじゃないか!
と感じた人もいるでしょうが、
中学英語をきちんとマスターしていればこれらの事項も
すんなりと理解でき、身に着けることができる
わけです。

さて、では中学英語を学ぶ際にどんな学習をすべきなのでしょうか?
よく、日本人は英語が苦手だとか、しゃべれないと言われますが、
確かにその原因の一つは中学校の授業
にあると感じています。

ここは注意して頂きたいところですが、
私が問題があるといったのは「中学校の授業」であって、
決して「中学校の教科書」ではないのです。

さて、その授業の問題点ですが・・・

①授業の進度が異様に遅い
②進度が遅い割には内容に幅や深みがない
③宿題が少ない
④宿題が「書き」に偏っている


①は高校生や大人の方なら経験的に知っていると思いますが、
公立中学校の英語の授業ってなかなか進まないですよね。
試しに指導案的なものを調べてみたら・・・
ある方が作られた中1の指導案では一つのUnitをなんと6時間かけていました
2週間くらいかけて進むのがやっと4ページ!

これでは小学校から英語を習っている子供や、
塾で先取りしている子はあきてしまうし、
効率的とも言えないでしょう。

②については、学校の授業は極力扱う単語や表現を絞り込むように
意図的にしている
と思われます。
「できない子」に配慮しているためだと思いますが、
これによって逆に、授業の面白味と実用性を減じていると私は思います。

例えば、New Horizonという英語の教科書の中1のUnit1では
I am...とYou are....というパターンを学習するのですが、
これを一般的な授業では以下のように進て行きます。

①基本文の説明
②本文の説明
③本文のCDを聞く
④本文の音読
⑤ペアトレーニング

ここからが問題で、この後に通常は当該Unitに出てきた
単語や表現のの暗記(=書けるようにすること)
が求められます。

が、ここで一歩進めて、生徒達に自分で英文を作らせるという
やり方
もあるのです。

昔、なんかのコマーシャルでこんなものがありました。

日本では算数の問題は・・・
10-4=□

ですが、××(=確かフランスだったような)では・・・
□+△=10

です。答えは一つじゃないんです!

うろ覚えなので詳細異なるかもしれませんが、
要するに1つの文(=パターン)を学んだら、
生徒に自分で好きな英語を作らせれば、
ボキャブラリーも広がるし、生徒も楽しい
のです。

例えば「私は○○です。」という文を学んでも、
教科書に出てくるのは・・・(Unit2まででは)

・人名
・tennis player
・basketball player
・soccer player
・friend


だけです。
講義は1時間(1コマ)で終わらせて、
○○に当たる部分を生徒が好きなように調べさせれば、
辞書も引くし、興味があるものを調べるから記憶にも残るでしょう。

私は・・・

・ロッカーです(ロック歌手) → a rock singer
・看護師です → a nurse
・消防士です → a firefighter
・警察官です → a police officer
・薬剤師です → a phermacist
・サラリーマンです → an office worker,
・OLです → an office worker, an office clerk
・保育士です → a nursery teacher
・ビジネスマンです → a businessperson
・社長です → the president / CEO
・魚屋です → a fish market owner / work for a fish market
・漁師です →a fisherman
・宇宙飛行士です → an astronaut

etc.

子供が将来なりたい職業でもいいし、
親御さんや自分が知っている大人の職業でもなんでもいいでしょう。
もちろん生徒が調べてきて「サラリーマン」を "salaryman"と訳したら、
格好の授業のネタ
(=言葉と文化の関係性に関する素材)ですよね。

いかがでしょうか?
問題点③④は長くなってきたので、次回に預けましょう。

では。
See you next time!






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ttkygo

Author:ttkygo
【2015年4月念願かなって自塾を南池袋(東京)に開校致します!がんばります!】
大学に入って以来家庭教師、塾講師、予備校講師などをしながら、かれこれ、20年以上子供たちに英語を教えています。
偏差値25~80以上まで、様々な子供を教えた
経験を活かしたコンテンツを掲載していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
3684位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
667位
アクセスランキングを見る>>
現在までの訪問者数
日本ブログ村
ランキングに参加しています。ご協力下さい。
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR