FC2ブログ

中学校の英語の教科書の活用法(2)

こんにちは!

今回は、「中学校の英語の教科書の活用法(2)」です。

前回日本の中学校の英語の授業の問題点として・・・

①授業の進度が異様に遅い
②進度が遅い割には内容に幅や深みがない
③宿題が少ない
④宿題が「書き」に偏っている


という4点を指摘しました。
前回①②に関して触れましたので、
今回は③④について少し考えを述べさせて頂きます。

先ず③「宿題が少ない」という点に関してです。
先ず公立中学校の場合、英語に限らず圧倒的に宿題量が少ないと感じています。
これは、中学校の先生側の視点として、

ⅰ「生徒は宿題をやってこない」
ⅱ「生徒の学力は低い」
ⅲ「できない子にレベル・進度・量を合わせる」


という3つの前提があるように思えます。
まあ、義務教育なのである程度仕方のない部分はありますが、
少なくとも義務教育の英語は「学問」ではないので、

学力に関係なく、ガンガン「訓練」を宿題として
課していけばよいのではないかと思います。

また生徒が宿題をやってこないのは指導者の責任と言えるでしょう。

さて、ここからは問題点④にも関係してくるのですが、
宿題も含めて、学習内容が「書き」に偏っているのも
実は、生徒間格差を生む温床になっている
と思います。

つまり、英語の学習内容が「書き」に偏ることにより、
英語が「実技」ではなく「学問」になってしまうわけです。

この「英語の学問化」によって、
生徒の持っている学力レベルによる差が
そのまま「英語力の差」になってしまう
のです。

もしこの現状を、四技能(読む・書く・聞く・話す)を
均等に鍛えていく方向に変えることができれば、
生徒間の学力差が小さくなるだけでなく、
逆に、日本人の実用的な英語能力を高めることに
つながる
のではないかと考えています。

語学を学問ではなく、実技として考えるときに、
母語の状況を考えてみるとよいでしょう。
たとえば日本語を母語として話す人をイメージしてみましょう。

偏差値の高い大学を卒業した人と中卒の人の日本語力を比較した場合に、

listening 同等
speaking 同等(speech能力は別として)
reading  語彙面・読解面で差が大きい
writing  語彙面・論理構成で差が大きい


一般的には上記のように言えるのではないでしょうか。

よって、義務教育の英語は実用の観点から言って、
四技能の内で
「聞く・話す」の能力にもっと力を入れるべきだと考えます。

以上

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ttkygo

Author:ttkygo
【2015年4月念願かなって自塾を南池袋(東京)に開校致します!がんばります!】
大学に入って以来家庭教師、塾講師、予備校講師などをしながら、かれこれ、20年以上子供たちに英語を教えています。
偏差値25~80以上まで、様々な子供を教えた
経験を活かしたコンテンツを掲載していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
4820位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
880位
アクセスランキングを見る>>
現在までの訪問者数
日本ブログ村
ランキングに参加しています。ご協力下さい。
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR