FC2ブログ

何故かTOEFL対策をすることになりました

ひょんなことから、TOEFL対策をすることになりました。

前職の元同僚(=数学科の非常勤講師)から、

勤めている銀行の制度を利用して、今ビジネススクールに通っているのですが、
秋にアメリカのビジネススクールに言って英語で議論しなきゃならなくなりました。
ついては、TOEFLのスコアを最低70点、できれば80点に上がるように鍛えてほしいのですが・・
・」

というメールを頂きました。
彼は数学が専門とはいえ、東大卒で大手銀行マン
別に私が教えなくても自分で勉強できるだろうと思ったのですが、

自分一人だと忙しさにかまけてサボってしまうので、
先生にプログラムを組んでもらい、進捗状況のチェックをして頂いたり、
あるいは叱咤激励して頂きたいのです


とのご要望でした。
で、詳しく話を聞いてみると、
2年前にTOEFL(iBT)を受けたところ得点は40点
特にリスニングがひどく2点だったとのこと。

ちなみにTOEFLは米国の大学や大学院への入学を希望する英語のテストで、
「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を問い、各セクション40点満点で、合計120点満点のテストです。

大学入学には最低でも60点以上、大学院では80点以上
が望ましいようです。
もちろん名門大学になればさらに高得点が必要となるのは言うまでもありませんが・・・。

「これはかなり錆びついてるねぇ」

と彼と面談した時に思わず漏らしてしまいました。

大学受験をしたのが今からもう10年以上前。
その当時受験していれば60点は超えていたのではないかと思います。
というのも東大の入試というのは現在の大学入試においては、
もっとも「聞く」「書く」の配点が高い大学なので・・・。

皆さんもご存じの通り、一般に、日本の大学入試の英語は「読む」が80-90%、
残りが「書く」と「聞く」なので、大学入試の英語の成績が良くても、
リスニングの配点が半分を占めるTOEICやスピーキングまで課される
TOEFLには対応できない場合が多い
のです。

ですから東大入試の英語で得点が取れるということは、
ある程度TOEICやTOEFLにも対応力があることを意味します


で、そんな錆びついた英語を文字通り、ブラッシュアップ(=brush up=さび落とし)し、
さらに得点力を上げるプログラムを考えることになりました。

彼が次回TOEFLを受けるのが7月の中旬。
それまでの約2か月彼の英語学習のお手伝いをすることになったのです!

さて、「結果にコミット」するどこぞのトレーニングのように、
素晴らしい、アフターを生み出すことができるでしょうか?
乞うご期待!

追伸
それにしても「結果にコミットする」ってどういう意味で使ってるのでしょうか?
日本語的には「結果をコミットする」が正しい気がしますが・・・

では!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ttkygo

Author:ttkygo
【2015年4月念願かなって自塾を南池袋(東京)に開校致します!がんばります!】
大学に入って以来家庭教師、塾講師、予備校講師などをしながら、かれこれ、20年以上子供たちに英語を教えています。
偏差値25~80以上まで、様々な子供を教えた
経験を活かしたコンテンツを掲載していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
4820位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
語学・英会話
880位
アクセスランキングを見る>>
現在までの訪問者数
日本ブログ村
ランキングに参加しています。ご協力下さい。
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR